検索
  • 砂川 健矢

フィットネスの構成6つの構成要素

 どうもこんばんは!健康で矢のように真っ直ぐ突き進む男、健矢です\(^o^)/昨日、この書き出しをいじるために電話をかけてきた友達に起こされました(;一_一)

まあそんな感じで、友達やお客様、または密かに読んでくれている方がいると信じて、今日も書いて参ります♪

 さて、9月になって毎日更新中で、最初はすごくゆるーい基礎知識程度でしたが、やはり専門的なことを書くと、反応が良くてですね♪

今日は、タイトルにある「フィットネスを構成する6つの要素」についてなんですが、、皆さん6つわかりましたか?正解者にはプロテイン1年分を差し上げます。。。




 ごめんなさい冗談です(笑)でもいつかは、読者にプレゼント企画とかやりたいものです(^o^)ちなみに、いらねーよ!と叫んだ方はタンパク質の大切さをわかっていないトレーニング初心者とみなします(ー_ー)!!笑


 はい、気を取り直して6つの答えを書きます♪

1.バランス

2.柔軟性

3.体組成

4.筋持久力

5.筋力

6.全身持久力

 競技によって、どれを重点的に鍛えるかは変わってきます。これがダイエットや美しい体作りであれば、体組成(体重や体脂肪)を気にしなければいけません。そして、この体組成を良くしたいためにトレーニングを行うのですが、最低限の柔軟性がなければ体を思うように動かすことができず、狙った部位を効果的に鍛えることができません。ですが、必ずしも柔軟性が高くないとトレーニングができないわけではないので、そこは本人が何のレベルを重点的に上げていきたいかが重要になってきます。例えばこう書くとわかりやすいかもしれませんが、体操やバレエ選手などは、魅せるうえで柔軟性は必須だと思いますので、しっかり柔軟性のレベルを上げる必要があります。

 ですので、自分の競技やなりたい体を考えたうえで、6つの要素を考慮しながらプログラムを組む必要があるのです。その成果が、僕が最近よく書いていた「人間の体は環境に適応した体になる」ということになります。スポーツ選手の体は、競技によって見た目が違いますよね。そういうことです(^o^)


 いかがでしたでしょうか?なんとなく意味は伝わりましたか(^o^)ちなみに僕は、サッカーにランニング、格闘技、そして美しい体作りにも励む闘うボディビルダー(自称)なので、日によって意識を変えて、6つの要素全ての底上げを図ってます\(^o^)/笑


 ってなわけで、本日もお疲れ様でした!無料体験はまだまだ受付中ですので、どしどし連絡ください♪お待ちしてます\(^o^)/


場所:那覇市おもろまち4-6-19 FLEX203

連絡先:090-7461-7853


0回の閲覧

電話

090-7461-7853