検索
  • 砂川 健矢

パフォーマンスについて

 はい、どうも\(^o^)/今日は昨日の記事に書いたように、サッカーの試合でした!結果は4-0で勝利♪自分の所属しているFC与那原は、沖縄県の社会人1部リーグで上位の方にいます!今シーズン、このまま突っ走りたいです♪



 参考書を開けば色んなことが書いてありますが、自分にしか伝えられないことを増やしていくためにも、僕は今でもいくつかのスポーツに挑戦しています\(^o^)/

サッカーは学生時代から継続して行っているのですが、自分自身のプレーにおいて比較したところ、学生時代のピークと今では、同じぐらい・もしくは上回っている気もします。


 そこで今日はパフォーマンスにおける記事を書いていきたいのですが、パフォーマンス=と聞かれたら読者の皆さんはどう答えますか?

僕のその答えは、パフォーマンス=技術×筋力だと考えます。これは、テレビにも出演している岡田隆さんという方が言っていて、僕もとても共感しています。



 これをわかりやすく説明します。まず、スポーツをするにあたっては、そのスポーツの技術(スキル)を身につけなければなりません。サッカーでいうと、ボールを蹴る、止める、ドリブルで運ぶ、味方からパスを貰う位置など、技術面でたくさんの磨いていかなければならない部分があります。

 では、仮にその技術的な部分において、ものすごい選手がいたとします。しかし、それが幼稚園生。。。なんとなく意味は伝わったでしょうか?大人と比較したとき、幼稚園生の筋力(筋力はフィジカル的要素、蹴る力、プレーの速さ、体力などとする)は、全然違いますよね。その場合、100×0(技術×筋力)となるはずです。さすがに、幼稚園生ぐらいの年齢の方が大人と混じってプレーしているというのは、どのスポーツでも聞いたことがないと思います。


 結論として、アスリートも練習の一環で筋トレを取り入れて、筋力を強化する必要があるのです。パフォーマンスのかけ算から考えて、技術が同じであれば、筋力が高ければ高いほど、パフォーマンスは高いものが発揮できることになります。なので、技術力が特に高くない僕が今戦えているのは、筋力のレベルを上げたことで、パフォーマンス=技術×筋力のかけ算の答えを上げれたからではないかと思います。

 そういうわけで、アスリートとしてレベルアップしていきたい方は、技術・筋力共に上げていきましょう\(^o^)/

SBM沖縄ではダイエットもそうですが、アスリートにおける競技力向上のパーソナルトレーニングも行っていますので、興味のある方はぜひ1度お越しください!お待ちしてます♪

それではまた\(^o^)/


0回の閲覧

電話

090-7461-7853