検索
  • 砂川 健矢

ダイエット・食べる・栄養素

最終更新: 2018年9月4日

 健康で矢のように真っ直ぐ突き進む男、どうも健矢です(^o^)パーソナルトレーニング無料体験、お気軽にお問合せください♪

 昨日の記事においてこんなことを書きました。

 ダイエットは、生活を送っていくうえで体がエネルギー(食べ物)を必要としている→この必要としているエネルギーを十分に摂ってあげない→体がヤバいと反応して貯めこんでいる脂肪や筋肉を分解してエネルギーとして使う→その結果痩せる(※生活に運動を取り入れると必要なエネルギーは増える)

というシンプルなもので、太るはこれの逆ということになります。必要としているエネルギー(食べ物)以上に摂ってしまうから太るのです。


今日から読んでいる方のためにもう1度書きました。この文章を読むと、ダイエットは食べるということが、どれだけ重要になってくるかわかりますよね♪


 我々が普段食べている食事には、栄養素が含まれます。タンパク質、脂質、炭水化物これらを3大栄養素、ビタミン、ミネラルを含んで5大栄養素といいます。

どういうことか。例えば、ダイエットに良いと1度は耳にしたことがあるであろうササミを100g食べたとしたら、タンパク質が約25g、脂質や炭水化物はほぼ0g。これがご飯100gを食べたとしたら約35gの炭水化物、タンパク質が3gほど、脂質はほぼ0gが含まれるというように、全ての食品には栄養素が含まれているのです。


 タンパク質は多めに摂っても体脂肪として体に溜まりにくいのですが、脂質や炭水化物を過剰に摂ってしまうと体脂肪として蓄積してしまう=太るということになります。


なんとなく意味はわかったでしょうか?今日の記事のポイントは、何かを食べるとそれには栄養素が含まれているということ。そして、栄養素は体脂肪として蓄積されやすいものとそうでないものが存在する。この2点かな(^o^)/

本日はここまでとして、次回の記事にてまた詳しく書いていきます♪読者の皆様、いつもありがとうございます。それではまた明日!!



79回の閲覧

電話

090-7461-7853